赤ちゃんの夜泣きはお母さんの悩みの種です

subpage1

赤ちゃんの夜泣きとはお腹が空いているわけでもオムツが濡れているわけでもなく、はっきりとした理由がないのに泣き止まないという状況のことをいいます。


どんなにあやしても泣き止んでくれない赤ちゃんを前にすると、お母さんの方は追い詰められているような気持ちになってしまいます。


ひどい時にはずっと泣いているので結局朝まで寝られなかったなんてこともあり、夜泣きは精神的な負担の大きいお母さん達の悩みの種なのです。夜泣きの原因は、はっきりとは解明されていません。

@niftyニュースの情報を利用しない手はないです。

新生児期の赤ちゃんは、昼と夜との区別がつかずに短い間隔で寝て起きてを繰り返しています。それが月齢が上がるにつれて、徐々にまとまって寝るようになります。

そういった睡眠リズムの変化が原因の1つと言われています。



また、生後半年ぐらいになると昼間起きている時間も長くなり活動量もぐっと増えます。

すると、昼間に受けた刺激(情報)を脳が処理しきれずに、それが夜泣きを引き起こすとも考えられています。赤ちゃんが夜泣きをしないための対策としては、一日の生活リズムを整えてあげることが重要です。


早寝早起きが基本で、朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びさせるようにします。


昼間、特に午前中によく遊ばせたり散歩をしたりして、活動量を増やします。

夕方頃からは大きな刺激を与えないようにし、リラックスした雰囲気をつくります。寝る前にスキンシップをとるなど入眠儀式をつくるのも効果的です。

幼児教室がオススメです。